Perl: 2009年9月アーカイブ

以前の記事でMacBook(Mac OS X)でPerlの開発環境を整える方法を書きましたが、あのやり方では、CGIファイルしか動かないことがわかりました。

CGIとHTMLファイルを動かしたい場合は、「Machintosh HD」→「ライブラリ」→「WebServer」→「Documents」にファイルを入れなければなりません。

ただ、これだと階層構造がちょっとややこしくなって管理も大変ですし、CGIファイルで画像を表示させることもできませんので、「サイト」というフォルダの中にCGIファイルもHTMLファイルもまとめて入れて動くようにすると便利です。

「Machintosh HD」→「ユーザー名」→「サイト」

この「サイト」というフォルダに入れたファイルは、「http://127.0.0.1/~ユーザー名/」または「http://localhost/~ユーザー名/」で表示されます。

ユーザー名がわからなければ、ファインダーを開いた時に、上の部分に表示される名前がそれです。

「サイト」というフォルダの下にどんどんフォルダやファイルを作成していけば、通常のサーバーでWebサイトを作っているのと全く同じ感覚でいけるので便利なのですが、1つ問題があります。

それは、そのままの設定では、CGIファイルが動かないということです。

そこで、ターミナルからApacheの設定を少し変更します。ターミナルを起動させて以下のように入力してEnterキーを押します。

sudo vi /private/etc/apache2/users/ユーザー名.conf

するとパスワードの入力画面が出てきますので、自分でパソコンに設定したパスワードを入力してEnterキーを押します。

20090915-1.jpg

Enterキーを押すと下のような「ユーザー名.conf」の中身が表示されます。

<Directory "/Users/ユーザー名/Sites/">
Options Indexes MultiViews
AllowOverride None
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>

20090915-2.jpg

その状態のままでは編集できないので、キーボードの「i」を押します。最下部にINSERTという文字が出てくれば編集できる状態になります。

20090915-3.jpg

INSERTという文字が最下部に出てきたら以下のように変更します。

<Directory "/Users/ユーザー名/Sites/">
Options All
AllowOverride All
Order allow,deny
Allow from all
AddHandler cgi-script .cgi
</Directory>

変更が終われば、確定するために「escキー」を押します。INSERTという文字が消えてから、「:wq」と入力して変更を保存して終了します。

Apacheを再起動させれば「サイト」というフォルダに入れたCGIファイルも動かすことができます。適切なパーミッションに変更することでCGIやHTMLを動かすことができるので、作成してチェックするという作業が簡単になります。

〜追記〜

SSIの実行を可能にするなら以下のように2行追加します。

<Directory "/Users/ユーザー名/Sites/">
Options All
AllowOverride All
Order allow,deny
Allow from all
AddHandler cgi-script .cgi
AddType text/html shtml
AddHandler server-parsed shtml
</Directory>

| | コメント(0) | トラックバック(0)

WindowsマシンにPerlの開発環境を整えています。

ApacheとActivePerlをインストールするのは簡単にできたんですけど、モジュールのインストールに手間取りました。

いろいろ検索して探してもなかなか見つけられなかったのですが、何とかうまくできたので、自分がやった方法を書いておきます。

PerlのモジュールはCPANというサイトから、ダウンロードして使うことができるのですが、Windowsではインストールするのがめんどくさいようです。

そこで、ActivePerlに付属してあるPPMというものを使います。PPMとは「Perl Package Manager」の略称です。

このPPMをコマンドプロンプトから呼び出して、簡単にモジュールを検索したりインストールすることができるのです。

「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」でコマンドプロンプトを呼び出します。

コマンドプロンプトを起動すると以下の画面が出てきます。赤線で消してある部分にはユーザー名が書かれています。

command1.jpg

そして、「ppm」と入力してEnterキーを押します。すると、ユーザー名の部分が「ppm>」に変わります。

command2.jpg

「ppm>」になればモジュールを検索したり、インストールすることができるようになりますので、まずは、インストールしたいモジュールが存在するかどうかチェックします。

例えば、LWPという名前のモジュールがあるかどうかを検索したければ、「search LWP」と入力してEnterキーを押します。

もし、あれば、以下の画面のように存在するモジュールの一覧が表示されます。

command3.jpg

確認した後、1の「LWP-attic」をインストールしたければ、「install LWP-attic」と入力してEnterキーを押せばインストールできます。

以下のような画面が出ればインストール完了です。

command4.jpg

| | コメント(0) | トラックバック(0)

英語の勉強 »

ジャパンタイムズ

ニューズウィーク英語版

おすすめPC »

軽くて小さいし、バッテリーの持ちもいいので、持ち運ぶのに最適です。しかも、性能も申し分ないくらいのハイスペックです。パソコンを持ち運ぶことが多い方におすすめのノートパソコンです。

Sony Style(ソニースタイル)

エックスサーバー »

私自信も実際に使っている格安・高機能のレンタルサーバーがこのエックスサーバーです。

格安でドメイン管理 »

格安でドメインの管理をするならムームードメイン。私も使っています。

ヤフオク出品中! »

ヤフーオークションにいろいろと出品しています。

マイ・オークションをごらんください

このアーカイブについて

このページには、2009年9月以降に書かれたブログ記事のうちPerlカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはPerl: 2009年8月です。

次のアーカイブはPerl: 2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

格安オンライン英会話のレアジョブ

インターネットで自宅でいつでも英会話の勉強をすることができるオンライン英会話。その中でも、格安で英語の授業を受けることができるのがレアジョブです。

なんと25分129円で英会話のレッスンを受けることができます。

↓↓今なら無料でオンライン英会話体験レッスンを受講可能↓↓