Perlの最近のブログ記事

アフィリエイト、ネットショップ、メルマガなど、SEOが必要なビジネスをする上で重要なことは、自分のサイトがヤフーカテゴリーに登録されることです。

特にヤフーで、自分のサイトを検索結果の1ページ目に表示させるためには、ヤフカテに登録されていることが、ほとんど不可欠ということができます。

商用サイトだと、ビジネスエクスプレスで意外と簡単に登録できます。

そこで、無理矢理にでも商用サイトにして、ビジネスエクスプレスで登録してしまうという方法もありますけど、やっぱりコストがかかります。

ということで、魅力的なのが推薦によって無料で登録してもらう方法です。ただ、この方法はほんとに難しいです。

ヤフーカテゴリーの登録の審査をしている人が、登録したいと思うようなサイトを最適なタイミングで申請しなければなりません。

そのためには、今、どんなサイトが求められているのかを知ることが必要であり、どんなサイトが日々登録されているのかを徹底的に毎日チェックして、大体の傾向をつかむことが重要です。

これは、当然、以前から考えていたことで、毎日ヤフーの新着ページをチェックすることを日課にしようと決意し続けてきたけど、全く続きません。

そこで、せっかくiPhoneを持っているのだから、iPhoneで簡単にチェックできるようにしました。

毎日、ヤフーカテゴリーに登録されたサイトを自動で取得してきて、それをリストにしてメールで自分に送信するプログラムを作りました。ちょっとした時間にいつでもチェックすることができるし、自動でメールが送信されてくるので、チェックを忘れることもありません。

とにかく、毎日どんなサイトが登録されているのか大体の傾向を掴むことが大事なので、登録サイト名、サイトの説明、登録カテゴリーだけリストにして、登録サイトのURLは外しました。

自分用に作ったプログラムですけど、たぶん欲しい人はけっこういると思うので、欲しい方はダウンロードして使ってください。

↓こんな感じのメールが届きます。

20091219_yahcate_iphone.jpg

ヤフカテ登録サイトリスト自動取得|自動メール送信プログラムのダウンロード

~設置方法~

1、yahoo_new.plの以下の部分を自分用に変更する。

6行目:jcode.plを設置した絶対パスの変更
68行名:送信元のメールアドレス(適当でいいです。)
69行名:自分のメールアドレスに変更
70行目:メールの件名(自分がわかりやすいように。)

2、yahoo_new.plとjcode.plをレンタルサーバーにアップロードする。

3、cronで自分の好きな時間に起動するように設定

| | コメント(0) | トラックバック(0)

以前の記事でMacBook(Mac OS X)でPerlの開発環境を整える方法を書きましたが、あのやり方では、CGIファイルしか動かないことがわかりました。

CGIとHTMLファイルを動かしたい場合は、「Machintosh HD」→「ライブラリ」→「WebServer」→「Documents」にファイルを入れなければなりません。

ただ、これだと階層構造がちょっとややこしくなって管理も大変ですし、CGIファイルで画像を表示させることもできませんので、「サイト」というフォルダの中にCGIファイルもHTMLファイルもまとめて入れて動くようにすると便利です。

「Machintosh HD」→「ユーザー名」→「サイト」

この「サイト」というフォルダに入れたファイルは、「http://127.0.0.1/~ユーザー名/」または「http://localhost/~ユーザー名/」で表示されます。

ユーザー名がわからなければ、ファインダーを開いた時に、上の部分に表示される名前がそれです。

「サイト」というフォルダの下にどんどんフォルダやファイルを作成していけば、通常のサーバーでWebサイトを作っているのと全く同じ感覚でいけるので便利なのですが、1つ問題があります。

それは、そのままの設定では、CGIファイルが動かないということです。

そこで、ターミナルからApacheの設定を少し変更します。ターミナルを起動させて以下のように入力してEnterキーを押します。

sudo vi /private/etc/apache2/users/ユーザー名.conf

するとパスワードの入力画面が出てきますので、自分でパソコンに設定したパスワードを入力してEnterキーを押します。

20090915-1.jpg

Enterキーを押すと下のような「ユーザー名.conf」の中身が表示されます。

<Directory "/Users/ユーザー名/Sites/">
Options Indexes MultiViews
AllowOverride None
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>

20090915-2.jpg

その状態のままでは編集できないので、キーボードの「i」を押します。最下部にINSERTという文字が出てくれば編集できる状態になります。

20090915-3.jpg

INSERTという文字が最下部に出てきたら以下のように変更します。

<Directory "/Users/ユーザー名/Sites/">
Options All
AllowOverride All
Order allow,deny
Allow from all
AddHandler cgi-script .cgi
</Directory>

変更が終われば、確定するために「escキー」を押します。INSERTという文字が消えてから、「:wq」と入力して変更を保存して終了します。

Apacheを再起動させれば「サイト」というフォルダに入れたCGIファイルも動かすことができます。適切なパーミッションに変更することでCGIやHTMLを動かすことができるので、作成してチェックするという作業が簡単になります。

〜追記〜

SSIの実行を可能にするなら以下のように2行追加します。

<Directory "/Users/ユーザー名/Sites/">
Options All
AllowOverride All
Order allow,deny
Allow from all
AddHandler cgi-script .cgi
AddType text/html shtml
AddHandler server-parsed shtml
</Directory>

| | コメント(0) | トラックバック(0)

WindowsマシンにPerlの開発環境を整えています。

ApacheとActivePerlをインストールするのは簡単にできたんですけど、モジュールのインストールに手間取りました。

いろいろ検索して探してもなかなか見つけられなかったのですが、何とかうまくできたので、自分がやった方法を書いておきます。

PerlのモジュールはCPANというサイトから、ダウンロードして使うことができるのですが、Windowsではインストールするのがめんどくさいようです。

そこで、ActivePerlに付属してあるPPMというものを使います。PPMとは「Perl Package Manager」の略称です。

このPPMをコマンドプロンプトから呼び出して、簡単にモジュールを検索したりインストールすることができるのです。

「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」でコマンドプロンプトを呼び出します。

コマンドプロンプトを起動すると以下の画面が出てきます。赤線で消してある部分にはユーザー名が書かれています。

command1.jpg

そして、「ppm」と入力してEnterキーを押します。すると、ユーザー名の部分が「ppm>」に変わります。

command2.jpg

「ppm>」になればモジュールを検索したり、インストールすることができるようになりますので、まずは、インストールしたいモジュールが存在するかどうかチェックします。

例えば、LWPという名前のモジュールがあるかどうかを検索したければ、「search LWP」と入力してEnterキーを押します。

もし、あれば、以下の画面のように存在するモジュールの一覧が表示されます。

command3.jpg

確認した後、1の「LWP-attic」をインストールしたければ、「install LWP-attic」と入力してEnterキーを押せばインストールできます。

以下のような画面が出ればインストール完了です。

command4.jpg

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ずーっと何年もウィンドウズしか使ってなかったんですけど、約半年くらい前にマックブックを買ってマックを使いはじめました。

実物を見ないとわからないかもしれないですけど、デザインとか質感がウィンドウズよりもはるかいにいい感じです。

今までは、マックといえばデザインがよくて、ちょっとおしゃれくらいにしか思ってなかったんですけど、Perlなどでプログラムを書こうと思うとマックの方が断然使いやすいみたいです。

プログラムを作って動かす際には、いい加減なプログラムをいきなりサーバーにアップロードすると大変なことになる可能性があるので、まずは自分のパソコンの中で実際に動かしてチェックする必要があります。

そのために自分のパソコンにPerlやApacheなどをインストールしてサーバーを構築することになりますが、マックの場合は既にインストールされていますので、簡単に開発環境を整えることができます。

わからないなりに、いろいろ調べながらようやくできる環境になりましたので、同じように困っている人のために簡単に説明しておきます。

1、Apacheの起動

まずは、Apacheを起動します。
「Machintosh HD」→「アプリケーション」→「システム環境設定」→「共有」

そして、「Web 共有」にチェックを入れます。これでサーバーが起動します。

ブラウザを立ち上げて、http://127.0.0.1/にアクセスして以下の画面が表示されればOK。

apacheinstal.jpg

http://127.0.0.1/というアドレスが自分のパソコン内のサーバーのアドレスということになります。ちなみに、http://localhost/ でも同じ結果になりますのでどっちでもいいみたいです。

2、cgiファイルの作成

miなどの改行コードを設定できるテキストエディタで、改行コードを「LF」に設定して、以下のように記述して、「1.cgi」という名前でデスクトップにでも保存します。

#!/usr/bin/perl
print "Content-Type: text/plain\n\n";
print "Test";

3、cgiファイルの移動

2で作成した「1.cgi」というファイルを「Machintosh HD」→「ライブラリ」→「WebServer」→「CGI-Executables」の中に入れます。

4、パーミッションの変更

「1.cgi」をブラウザで見ることができるように、ターミナルを使ってパーミッションを変更します。

「Machintosh HD」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」でターミナルを起動させます。

以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。

chmod 705 /Library/WebServer/CGI-Executables/1.cgi

エラーが出なければパーミッションが変更できたはずです。

5、ブラウザで確認

ブラウザでhttp://localhost/cgi-bin/1.cgi にアクセスして、Testと表示されれば完了です。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

英語の勉強 »

ジャパンタイムズ

ニューズウィーク英語版

おすすめPC »

軽くて小さいし、バッテリーの持ちもいいので、持ち運ぶのに最適です。しかも、性能も申し分ないくらいのハイスペックです。パソコンを持ち運ぶことが多い方におすすめのノートパソコンです。

Sony Style(ソニースタイル)

エックスサーバー »

私自信も実際に使っている格安・高機能のレンタルサーバーがこのエックスサーバーです。

格安でドメイン管理 »

格安でドメインの管理をするならムームードメイン。私も使っています。

ヤフオク出品中! »

ヤフーオークションにいろいろと出品しています。

マイ・オークションをごらんください

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちPerlカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはPC Webサイトです。

次のカテゴリはiPhoneです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

格安オンライン英会話のレアジョブ

インターネットで自宅でいつでも英会話の勉強をすることができるオンライン英会話。その中でも、格安で英語の授業を受けることができるのがレアジョブです。

なんと25分129円で英会話のレッスンを受けることができます。

↓↓今なら無料でオンライン英会話体験レッスンを受講可能↓↓