2008年11月アーカイブ

超一流のヘッジファンドマネージャーが勢揃いです。

headgefund.jpg

写真参照:http://blogs.wsj.com/deals/2008/11/13/hedge-funds-on-the-hill-live-blogging-the-hearings/

この写真は、ジョージ・ソロスをはじめとして、ワシントンの公聴会に出席した5人のヘッジファンドマネージャーです。

この公聴会で、なぜヘッジファンドはこういう大変な時期でも利益を上げることができるかなどの話がされたみたいで、投資に興味のある人にとってはすごい興味深い内容だと思います。

ヘッジファンドがすごいなと思うのは、やっぱり名前のとおり「ヘッジ(hedge)」 をうまくかけること。

自分のロングポジションに対して、必ず何らかのショートポジションを取って、自分のポートフォリオから市場全体のリスクをできる限り取り払うのです。

例えば、ソフトバンクがいずれドコモを抜いて、携帯電話のシェアNo.1になるという確信があれば、ソフトバンクの株を買っておいて、同時にドコモの株を空売りする。

すると、もし予想どおりにソフトバンクの株が上がり、ドコモの株が下がれば2重で利益を出すことができます。

この場合のドコモのショートポジションはヘッジとして使われているわけではないのですけど、確信がある場合には使えますよね。

ヘッジファンドが名前のとおり、ヘッジとしてショートポジションを取るというのは、次のような場面。

これからまだまだ厳しい環境が続くので、日経平均株価は、これから下がり続けるだろうけど、三菱UFJフィナンシャル・グループは何とか利益を上げていくだろうという予想を立てた場合。

つまり、三菱UFJフィナンシャル・グループは、日経平均株価のパフォーマンスより良いと考えた場合。

100万円相当の三菱UFJフィナンシャル・グループの株を買い、同時に日経平均株価に採用されている主要な会社の株をピックアップして100万円分空売りをかけます。

もし、予想どおりに三菱UFJフィナンシャル・グループの株価が上がり、 日経平均株価が下がったとすれば2重の利益を得ることができます。

それが理想なんですけど、もし、三菱UFJフィナンシャル・グループの株価が20%上がって、また、日経平均株価も15%上がったとします。

この場合、三菱UFJフィナンシャル・グループの方は20%の利益、日経平均株価に採用されている会社の方は、15%の損失で、結局トータルで5%の利益がでます。

反対に、三菱UFJフィナンシャル・グループの株価が15%下がって、日経平均株価が20%下がったとしても、同じくトータルで5%の利益がでます。

最悪のパターンは、三菱UFJフィナンシャル・グループの株価が大きく下がって、日経平均株価が大きく上がった場合です。この場合は、2重の損失を被ることになります。

しかし、こういうポジションを取るということは、三菱UFJフィナンシャル・グループの株価は上がり、日経平均株価は下がるという確信があったから、さらに言うと少なくとも三菱UFJフィナンシャル・グループの株価のパフォーマンスは、日経平均株価よりもいいだろうということに確信があったからです。

とすれば、最悪のパターンになる可能性は50:50よりはかなり低くすることができるはずです。

ヘッジファンドのすごいところは、「少なくとも三菱UFJフィナンシャル・グループの株価のパフォーマンスは、日経平均株価よりもいいだろう」という確信に基づいて、ポジションを取り、株価が上がろうが下がろうが、「三菱UFJフィナンシャル・グループの株価のパフォーマンスは、日経平均株価よりもいい」という限り必ず利益が出るということです。

こういうことを徹底的に考えてシミュレーションして、どんな状況の時にでも必ず利益を出すことができるらしいです。

ヘッジファンドの歴史、取引手法、運用方法など概要を知るためにおすすめの本がこれです。

入門ヘッジファンド―やさしくわかるヘッジファンドのすべて
ロバート・A. イエーガー
シグマベイスキャピタル
売り上げランキング: 49341
おすすめ度の平均: 4.5
4 入門編
5 定価を3倍楽しむ本
5 入門ヘッジファンド

| | コメント(0) | トラックバック(0)

株とか為替とかすごいことになってますけど、10年とか20年という視点で考えれば、買いのチャンスなのかもしれないですよね。

現に、バフェットさんは動いているみたいです。

バークシャー・ハサウェイがゴールドマンに投資した額は、優先株で50億ドル。これには毎年10%の配当がついているらしいです。

つまり、バークシャーは、配当だけで毎年5億ドルの利益。

さらに、1株115ドルで株を買うことができる新株予約権も付与されているらしく、これをすぐに行使するだけでも6億ドル近い利益になるそうです。

すごい額ですね。

そんなバフェットさんの「Buy American. I Am.」という記事をニューヨークタイムズで見つけました。

英語なので読むのに苦労するんですけど、頑張って読んでみる価値はあります。

ただ、どんなときでもバフェットさんの投資ルールは一つだけなんですよね。どんな本を読んでも、さっきの記事を読んでも、いろいろ書いてあるけど、本質は、この一文にあわられていると思います。

A simple rule dictates my buying: Be fearful when others are greedy, and be greedy when others are fearful.

株を買うルールは単純。他の者たちが強欲になっている時に恐れ、他の者たちが恐れている時に強欲になれ。

わかっていてもなかなかできないんですよね。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

iPhoneに入れている音楽を車で聴けるように、シガーソケットにさしてFMラジオを通して音楽が聞けるっていう商品を買いました。音楽を流しながら充電もOK。

これが、ほんとに便利で大量のCDやらMDを車に積まなければならないとか、値段が高いハードディスク内臓のオーディオなどを買う必要がなくなりました。

さらに、すごいのは、iPhoneがカーナビになるっていうことです。

今まであんまり使ったことがなかったんですけど、マップっていうアプリがあってそれを使ってみると、GPSを使って現在地をリアルタイムで追いかけてくれるので、まさにカーナビになりました。

音声ガイドは出ないけど、十分に使えます。

もうすぐiPhoneでもワンセグが使えるようになるみたいだし、カーナビとかテレビとかなくてもiPhone1台だけ車にもちこめば何でもできるっていう感じです。

今日、またOSのアップデートがあったんですけど、絵文字にも対応したり、Safariが改良されたみたいです。Safariの上の部分にグーグルの検索窓が追加されたり、動作の安定性が向上したりと、かなりよくなりました。

最初は使いにくいと思ったけど、アップデートで欠点がなくなってきたり、使い方が分かってきたりで、だんだんiPhoneが手放せなくなってきました。

まず起きたらパソコンを立ち上げてメールチェック、売上チェックなんていうルーティーンワークがすっかりなくなりました。

起きたらベッドの中でそのままiPhoneを使って今までパソコンでやっていたことができます。パソコンをやる時間がかなり減ったような感じがします。

↓↓↓iPhoneはこちら↓↓↓

| | コメント(0) | トラックバック(0)



最近、ライブチャットが流行ってるけど、そのシステムを利用してオンライン英会話システムができないかと前から思ってたんですけど、自分が思い描いてたとおりのサービスを提供しているサイトを見つけました。

レアジョブっていうサイトです。

フィリピンの先生を使ってるみたいで、格安で授業を受けることができます。

1ヶ月5,000円で、1日25分。毎日フル活用すれば、25分のマンツーマンレッスンが170円くらいで受けられます。

調べてみると日本とフィリピンでは、物価が約5~6倍くらいの差があるみたいで、仮に25分100円が先生の給料として払われているとすれば、日本人の感覚としては、5~6倍として500円か600円くらい。

時給にすれば1,000円相当くらいの収入を得ることができるのでしょう。

おそらく5,000円払ったとしても、毎日授業を予約する人はほとんどいないでしょうから、実際にはもう少し高い給料が支払われている気がします。

フィリピンでは、英語が普及しているらしくて、フィリピンの大学生を先生として採用しているみたいです。

確かに、フィリピンの大学生の英語レベルがどれくらいかというと、それほど高いものではないでしょうけど、英語で話しをすることに慣れるためとか、日常会話ができるようになるとかいう目的くらいで使うのであれば、かなり有効だと思います。

日本の英会話学校に通うことに比べると値段が圧倒的に違いますから。

無料で2回だけ授業を実際に受けることができるサービスが提供されていたので受けてみました。

感想としては、25分で170円と考えれば、かなりいいんじゃないかと思います。

どんな勉強をするかも希望にあわせてくれますし、マンツーマンで自由なスタイルで授業を受けることができます。

実は、以前からこのビジネスモデルは自分でもやろうと思ってたんですよね。フィリピン人を使うっていうのは気づかなかったけど。

レアジョブは、無料で2回体験レッスンを受けることができるので、迷われている方は、ぜひ受けてみてください。

かなり親切で気さくな先生ばかりなので、気楽に体験することができます。美人の先生やおすすめの先生などは、こちらを参考に。

インターネットの発達で、尋常ではないスピードでグローバル化が進んでいる気がします。

オンライン英会話だけでなく、通販などの電話オペレーション部門とか事務部門などをどんどん中国などに移転させている企業が増えているみたいです。

中国の大連とかに行けば、2,3ヶ国語くらい使いこなす人がいくらでもいるみたいなので、ちょっと教えれば誰でもできるようなルーティーンワークしかしてないくせに、発展途上国と比べると格段に高い給料をもらっている日本人というのは、これからどんどん仕事がなくなっていくんでしょう。

名簿の入力とかだと日本人よりはるかに速いスピードでできる人がけっこういるみたいです。それで、支払う給料は、日本人の数分の1ですむわけです。

トヨタなどの唯一元気だった大企業さえも、最近低迷し始めているみたいですし、これからほんとに大変な時代になりそうです。

ITスキルと語学力があれば、生き残ることができるでしょうし、むしろ、それさえあれば世界を相手にビジネスできる環境なんですよね。

まだまだ格差が広がる気がします。

↓↓↓レアジョブの無料体験レッスンはこちらから↓↓↓



| | コメント(0) | トラックバック(0)

「転び公妨」の現場がユーチューブにアップされて話題になってます。

「転び公妨」っていうのは、逮捕したいターゲットの周りを公安の連中で囲んで見えなくして、公安の一人がわざと勝手に転んで、ターゲットにやられたということにして「痛い!公妨や!公妨や!」って叫んで、公妨(公務執行妨害罪)で無理やり現行犯逮捕するというやり方らしいです。

麻生総理の家に歩いて向かっているだけで逮捕されるという恐ろしい話ですけど、実際にはしょっちゅうある事なんでしょうねぇ。

ほんとに国家権力は怖い。

ライブドア、村上ファンド、グッドウィルの事件があった時、全て同時に自民党にとって都合の悪い事件が起きています。

ほんと自民党を早く引きずりおろさないといけませんよね。ただ、選挙はしばらくない気がします。やったら負けるからっていう保身だけを理由に。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

英語の勉強 »

ジャパンタイムズ

ニューズウィーク英語版

おすすめPC »

軽くて小さいし、バッテリーの持ちもいいので、持ち運ぶのに最適です。しかも、性能も申し分ないくらいのハイスペックです。パソコンを持ち運ぶことが多い方におすすめのノートパソコンです。

Sony Style(ソニースタイル)

エックスサーバー »

私自信も実際に使っている格安・高機能のレンタルサーバーがこのエックスサーバーです。

格安でドメイン管理 »

格安でドメインの管理をするならムームードメイン。私も使っています。

ヤフオク出品中! »

ヤフーオークションにいろいろと出品しています。

マイ・オークションをごらんください

このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

格安オンライン英会話のレアジョブ

インターネットで自宅でいつでも英会話の勉強をすることができるオンライン英会話。その中でも、格安で英語の授業を受けることができるのがレアジョブです。

なんと25分129円で英会話のレッスンを受けることができます。

↓↓今なら無料でオンライン英会話体験レッスンを受講可能↓↓